看護師の職場の中でも、美容外科は若い看護師に人気の高い職場です。美容外科で提供する多くの行為は治療という目的ではなく、身体各所の美容を向上させる一種のサポートとして捉える事ができます。そのため、生命を左右する重篤な疾患を扱うことや、身体的な不調に苦しみ一刻も早く処置を施さなければならないという医療機関の本来の性質とは異なるものです。

美容外科で看護師に必要とされるスキルには、埋没法や目頭切開などでのオペの介助や、特殊な糸を皮膚に埋め込み皮膚にはりを出す手術のサポートなどもあり、外科的な手術を伴う事も多いことから、手術の際の医師のサポートが不可欠です。また、皮膚の若返りを促進するヒアルロン酸などを用いた点滴や、肌細胞の再生を促す特殊な成分を注入する注射なども頻繁に行われることから、看護師としては皮膚に負担を与えない注射や点滴の技術が不可欠な要素とされます。

そして、美容外科の大きな特徴は、院内で販売される美容関連の商品をナースが販売する事です。この営業成績が給与に反映される事もあることから、美容外科のナースにはサービス業としての側面も多分に見られます。美容外科を訪れる方は、複数回にわたりクリニックに通い、様々な施術を受ける事が一般的です。そのため、看護師には営業力が求められ、新たな化粧品の宣伝をしたり、最新の医療機器を用いた治療法などについても説明したりする必要があるため、販売促進のスキルに長けている事が必要です。